資金繰りや経営の改善、経理に強い銀行融資コンサルタント会社。銀行融資取引、資金調達、経理業務、資金繰り・経営改善でお困りの中小企業を応援します。

住所   :〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601

047-379-9508

営業時間

平日 9:00〜12:00/13:00〜18:00

無料・有料相談を実施中!

経営力強化保証制度

経営力強化保証制度とは

経営力強化保証制度とは、中小企業が資金調達するにあたって、銀行と認定経営革新等支援機関(以下、認定支援機関※)が連携して、中小企業の事業計画の策定や継続的な経営支援を行い、経営力強化を図ることを目的とした保証制度です。

経営問題を抱えた中小企業としては、問題解決のために必要となる資金を調達し経営力強化を図りたい場合があります。しかし、経営悪化の状況では銀行の姿勢が消極的であることが多く、資金調達がスムーズにいかないこともあるでしょう。経営力強化保証制度は、そのような悩みを抱えた中小企業にとって適した保証制度です。

※認定支援機関とは、中小企業の経営相談等に関して専門知識や実務経験が一定レベルにあり、国の認定を受けた専門家です。当社もこの認定支援機関です。

利用対象企業

金融機関及び認定支援機関の支援を受けつつ、自ら事業計画の策定、計画の実行、銀行への計画の進捗状況を報告(銀行に四半期ごとの報告が求められています)できる中小企業が対象です。

これは企業にとって負担になる事です。しかし、定期的な報告は進捗状況を確認する、新たな改善策を策定する機会になりますし、銀行や認定支援機関からのアドバイスを受けながら、経営改善していくチャンスでもあります。

制度の特徴

この制度のメリットとして、銀行と認定支援機関の協力を得ながら経営改善に取り組むことから、信用保証協会は保証料の減免(概ね-0.2%)で支援してくれます。

制度のしくみ

※中小企業庁HP「経営力強化保証の概要」より

制度概要

保証限度額:28,000万円(普通保証2億円、無担保保証8,000万円)
資金使途:事業資金(事業計画の実施に必要な資金に限る)
保証期間:一括返済の場合1年以内、分割返済の場合は運転資金5年以内、設備資金7年以内。ただし、本制度によって保証付きの既往借入金を借り換える場合は10年以内。なお、据置期間はそれぞれ1年以内。
添付書類:通常の信用保証協会を利用する場合の書類以外に以下の書類が必要です。
・「経営力強化保証」申込人資格要件等届出書
・事業計画書(申込人が策定したもの)
・認定支援機関による支援内容を記載した書面(事業計画書に記載されている場合は不要)

お問合せ・ご依頼はこちら

気軽にお問合せください

お問合せ・ご依頼はお電話またはメールにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せ・ご依頼はこちら

047-379-9508

9:00〜12:00/13:00〜18:00 (土日祝日除く)

経営者の右腕として経営サポート経理部長代行経営改善支援起業支援の対象地域は以下の通りです。なお、経営セカンドオピニオンのみ全国対応です。

  対応地域の詳細はこちら

◆東京都(新宿区、渋谷区、江戸川区、千代田区、中央区、世田谷区、江東区、
文京区、大田区、目黒区、品川区、港区、中野区、杉並区、練馬区、墨田区、葛飾区、台東区、北区、豊島区、板橋区、荒川区、足立区、武蔵野市、調布市、その他)

◆千葉県(千葉市、市川市、船橋市、柏市、松戸市、浦安市、習志野市、八千代市、
市原市、成田市、木更津市、君津市、茂原市、流山市、佐倉市、我孫子市、鎌ヶ谷市、野田市、袖ヶ浦市、四街道市、白井市、印西市、八街市、大網白里市、その他)

◆神奈川県(横浜市、川崎市、鎌倉市、藤沢市、逗子市、横須賀市、その他)

◆埼玉県(さいたま、越谷、川口、川越、所沢、春日部、草加、熊谷、和光、その他)

◆茨城県、栃木県、群馬県 ※上記地域以外の企業様は、こちらを参照してください。

ブログ更新

2019/6/19

ブログを更新しました
資金繰り管理をお手伝いします

お問合せ・ご依頼

無料・有料相談を行っています。詳細はこちら

047-379-9508

営業時間:(土日祝日除く)
9:00~12:00/13:00~18:00

お問合せフォームはこちら

会社概要

有限会社エムエヌコンサル

047-379-9508

代表:瀬野正博

代表者プロフィール

住所

〒272-0026 千葉県市川市
東大和田2-8-1-601

相談対応可能地域

東京都,千葉県,神奈川県,埼玉県,茨城県,群馬県,栃木県,山形県,福島県等,関東,東北,甲信越が中心です

会社概要

お問合せフォーム

※このホームページでは、中小企業が融資を受ける金融機関を原則「銀行」と表現しておりますが、信用金庫や信用組合に読み替えて頂いてかまいません。