資金繰りや経営の改善、経理に強い銀行融資コンサルタント会社。銀行融資取引、資金調達、経理業務、資金繰り・経営改善でお困りの中小企業を応援します。

〒103-0016 
東京都中央区日本橋小網町8-2 BIZMARKS日本橋茅場町510号室

03-6403-4984
営業時間
平日 9:00〜12:00/13:00〜18:00

無料相談を実施中です!
詳しくはこちら

正常運転資金

正常運転資金(経常運転資金)とは

正常運転資金(あるいは経常運転資金)とは、企業の正常な営業活動を行っていくうえで恒常的に必要と認められる運転資金の事です。

図表1は製造業の場合ですが、仕入れた原材料を投下し、仕掛品を経て製品として完成します。そこまでが棚卸資産です。そして製品は販売してもすぐには入金されず、予め決められた条件にしたがって入金されます。売上が発生しても売掛金として計上され、後に現金か手形で回収することになります。手形は期日にようやく現金となります。

その一方で原材料を仕入れたら買掛金が発生します。その後、現金あるいは手形で支払いますが、手形期日には現金で支払わなければなりません。

一般的には売上債権の改修よりも仕入債務の支払いが先行しますから資金繰りは苦しくなります。その入金と支払の差だけ資金が必要となりますが、それが正常運転資金(経常運転資金)です。

図表1

決算書や試算表で見た場合、図表2のようになります。

図表2

図表2からも分かるように所要額は次の算式で表されます。

正常運転資金=売上債権+棚卸資産-仕入債務

決算書の貸借対照表や試算表から計算できます。しかし、多くの企業では月商は月によって変動しますし、期末日といったある一時点での状況だけで正常運転資金を機械的に計算するのではなく、期中の事業の状況を考慮して一定の幅を持って計算することも必要でしょう。


企業は棚卸資産の分だけお金を寝かせていますし、売上債権の分だけ顧客からの入金を待たされている状態(お金を貸している状態と同じです)です。逆に仕入債務の分だけ支払いを待ってもらっている(お金を借りているのと同じ)のです。

したがって、正常運転資金の分だけ資金繰りが苦しくなりますから、その資金を調達する必要が出てきます。

正常運転資金にふさわしい融資

銀行にとってはこの正常運転資金に対応する融資は、返済原資が売上債権の回収や棚卸資産の販売によって明確であり、業績に大きな問題が発生しない限りはリスクが少なく、取り組みやすい融資といえます。


かつては正常運転資金に対応する融資として、銀行は手形割引、手形貸付、当座貸越で資金繰りを支えてきました。例えば、手形貸付なら期日一括返済の条件によって金利だけ負担していればよく、業績の大幅な悪化等の変化がなければ、返済期日が到来してもその時点での必要額を計算し継続融資が行われていました。中小企業からすれば返済する必要のない資本金的な役割を果たす借入金です。そのため、擬似エクイティ(資本金)ともいわれ資金繰りにもプラスに貢献してきました。

しかし、最近は手形貸付による融資は減少傾向にありますし、手形の発行も減少していることから分かるように手形割引も減りました。正常運転資金に対応する融資も、銀行は証書貸付による長期貸出をメインに行っています。企業側からすれば、長期の融資ならば早期に一括返済を求められる可能性は少ないといえますが、毎月の約定弁済を求められることがほとんどであるため、返済分に対応する融資が定期的に行われないと、資金繰りは不安定化することになります。 

もし取引銀行から短期継続融資(手形貸付等)を提案されたら、ぜひ前向きに検討して欲しいと思いますし、特にそのような提案がなかったとしても、常に売上債権や棚卸資産をある程度保有する企業であれば、毎月の返済を求めない融資で支援してくれないかメインバンク等に聞いてみるといいでしょう。

お問合せ・ご依頼はこちら

気軽にお問合せください

お問合せ・ご依頼は電話あるいは「お問い合わせフォーム」からお願いします。

03-6403-4984

9:00〜12:00/13:00〜18:00 (土日祝日除く)

経営者の右腕として経営サポート経理部長代行経営改善支援銀行取引サポートの対象地域は次の通りです。

◆東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、茨城県、群馬県、栃木県、静岡県、福島県等

  対応地域の詳細はこちら

※地域以外の企業様は、こちらを参照してください。

お知らせ

2024/2/6
ブログ「元金返済のストップはいつまで?」を追加しました。

サイドメニュー

お問合せ・ご依頼

無料相談を行っています。詳細はこちら

営業時間:(土日祝日除く)
9:00~12:00/13:00~18:00

会社概要

有限会社エムエヌコンサル

代表:瀬野正博

住所

〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町8-2-510

対応可能地域

東京都,千葉県,神奈川県,埼玉県,茨城県,群馬県,栃木県等

※このホームページでは、中小企業が融資を受ける金融機関を原則「銀行」、そして社長、経営者、代表者を「経営者」で統一しています。