資金繰りや経営の改善、経理に強い銀行融資コンサルタント会社。銀行融資取引、資金調達、経理業務、資金繰り・経営改善でお困りの中小企業を応援します。

〒103-0016 
東京都中央区日本橋小網町8-2 BIZMARKS日本橋茅場町510号室

03-6403-4984

営業時間

平日 9:00〜12:00/13:00〜18:00

無料相談を実施中です!
詳しくはこちら

プロパー融資

プロパー融資とは

信用保証協会の保証が付かない融資の事をプロパー融資といいます。保証協会付き融資も銀行が融資するのですが、その場合には保証協会付き融資(信保付き融資とかマル保と言ったりします)といいます。銀行員も銀行内では、保証協会が付かない融資をプロパー融資といっています。

信用保証協会の保証付き融資であれば80%(一部保証制度は100%)保証が付くので、企業が返済できなくなった時のリスクは低いですから、金融機関は保証審査が通ったら、銀行内の融資審査も通りやすくなります。

しかし、プロパー融資は信用保証協会の保証が付きませんから、銀行側からするとリスクのある融資になります。そのため、保証協会付き融資に比べると審査は厳しいといえます。

したがって、
中小企業(特に規模が小さく、かつ担保となるような資産がない中小企業)に銀行員が融資をセールスしてくるときは、プロパー融資よりも信用保証協会付き融資が多くなります。次の資料をご覧ください。

これは中小企業庁より公表されている資料の一部なのですが、業歴が3年以下ですとプロパー融資残高があるのは22%、10年以下でも40%程度です。50年を超えると67%ありますが、多くの中小企業がそこまで継続することは極めて難しく、中小企業の資金繰りが信用保証協会頼りになっていることが分かります。

最近は財務データ、保証や担保に過度に依存しない融資の推進が求められていますが、そうはいっても業績悪化企業や開業したばかりですと、プロパー融資での資金調達は難しいかもしれません。

担保を提供する方法も考えられます。ただ、担保があるからといって必ずプロパー融資が受けられるわけではありません。もちろん銀行は保全面も重視しますが、まずは現在の経営状況、そして資金使途と返済原資が融資審査では重視されます。

プロパー融資を目指す

しかし、銀行との実績を積み重ね、会社規模・実績がしっかりしてくれば、プロパー融資の対象となってくる時がきます。

業績や財務内容の悪化でプロパー融資が無理な時に備えて信用保証枠は温存しておきたいので、普段はプロパー融資で資金調達ができるようにしましょう。

そのためには次のようなことに注意して銀行と付き合ってください。

1,銀行間で競争させる
一つの銀行とだけ付き合うことは少なく、通常は複数の銀行とお付き合いをされているはずです。そこで銀行から融資の提案を受ける立場であれば、プロパー融資を希望していることを伝えましょう。

A銀行とB銀行と付き合っているとして、A銀行がメインバンクだとしましょう。B銀行が保証協会付き融資の提案をしてきたら、「A銀行からも融資の提案を受けている。プロパー融資で対応してくれるならB銀行さんでお願いしたいと思う」と言ってみましょう。

B銀行が融資シェア拡大を目指しているのなら、その相談にも前向きに応じる可能性があります。

もし、全く取引のない銀行が営業にやってきたら、「保証協会付き融資であれば、今付き合っている銀行でやってくれるからいらないです。でもプロパー融資なら考えます」と伝えましょう。

新規融資先の開拓にはどこの銀行も力を入れていますから、それに応じるかもしれません。もし融資が出なかったとしても、企業側は失うものがありませんから、取引のない銀行が営業に来たら、こちらの希望を伝えるようにしましょう。

2,短期・少額のプロパー融資を受ける
銀行にとってリスクが少ない融資というのは、融資額が小さい、期間が短い、資金使途が明確であることです。

例えば納税資金が考えられます。利益が出た企業は法人税が発生します。しかし、利益が出ても資金繰りの関係から納税資金が不足することがあります。それを融資で支援するのです。

(粉飾していなければ)利益が出ているわけですから経営は順調なわけですし、返済期間は6カ月以内、融資額もそれほど高額にはならず、かつ納税資金という資金使途が明確で取り組みやすいのです。

他にも賞与資金、つなぎ資金も短期間で資金使途が明確なのでプロパー融資で取り組みやすい融資でしょう。

3,信用保証協会と抱き合わせでプロパー融資を目指す
銀行もプロパー融資で対応したいものの、全額リスクを負うことが難しいと判断されることも多いでしょう。

そんな時は、プロパー融資と保証協会付き融資をセットで実行してもらい、プロパー融資の実績を作ることもできます。

信用保証協会は、保証協会付き融資とプロパー融資を一緒に行う方が、前向きに保証を出す傾向にあります。なぜなら、リスクを回避して保証協会付き融資しか実行しないよりも、プロパー融資を行うということは、銀行もその企業にはリスクを負ってでも積極的に支援したいという姿勢にある証拠だからです。したがって、信用保証協会も前向きに保証を出しやすいのです。

お問合せ・ご依頼はこちら

気軽にお問合せください

お問合せ・ご依頼は電話あるいは「お問い合わせフォーム」からお願いします。

03-6403-4984

9:00〜12:00/13:00〜18:00 (土日祝日除く)

経営者の右腕として経営サポート経理部長代行経営改善支援銀行取引サポートの対象地域は以下の通りです。

◆東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、茨城県、群馬県、栃木県

  対応地域の詳細はこちら

※地域以外の企業様は、こちらを参照してください。

サイドメニュー

お問合せ・ご依頼

無料相談を行っています。詳細はこちら

営業時間:(土日祝日除く)
9:00~12:00/13:00~18:00

お問合せフォームはこちら

会社概要

有限会社エムエヌコンサル

代表:瀬野正博

代表者プロフィール

住所

〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町8-2-510

対応可能地域

東京都,千葉県,神奈川県,埼玉県,茨城県,群馬県,栃木県等

会社概要

お問合せフォーム

※このホームページでは、中小企業が融資を受ける金融機関を原則「銀行」と表現しておりますが、信用金庫や信用組合に読み替えて頂いてかまいません。