資金繰りや経営の改善、経理に強い銀行融資コンサルタント会社。銀行融資取引、資金調達、経理業務、資金繰り・経営改善でお困りの中小企業を応援します。

住所   :〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601

047-379-9508

営業時間

平日 9:00〜12:00/13:00〜18:00

無料・有料相談を実施中!

リスケジュール

1、資金繰りが苦しいなら、リスケジュールを検討しましょう

銀行から融資を受けたら、当初の条件通りに返済をしなければなりません。

しかし、多くの中小企業は収益性が低く、かつ財務基盤も脆弱であることから、赤字や債務超過になりやすいといえます。そのため、資金繰りが苦しくなってしまい、返済が難しくなってしまうことがあります。

そこで銀行融資を受けようとするわけですが、それがかなわないケースもあります。

銀行からの資金調達ができなかったとしても、銀行よりも高い金利の金融会社から借りて返済を継続することは、かえって経営を悪化させますから避けなければなりません。
 

  • 銀行からの追加融資ができなくなってきた
  • 手元資金が少なくなってきた
  • 返済額が多く資金繰りが厳しい
  • 税金や社会保険料を滞納している
  • 業績回復には時間がかかる

これらの状況に陥ってしまい、しかも新たな資金調達が不可能なのでしたら、銀行にリスケジュール(以下、リスケ)をお願いし、返済条件の変更をしてもらうことを検討して下さい。リスケにより返済額を減らすことができますから、資金調達と同様の効果が得られます。

基本的には約定通り返済しているうちに相談し、延滞してから銀行に相談することはできるだけ避けるようにして下さい。やはり銀行が企業に対して持つ印象が違いますし、少しでも資金繰りに余裕のあるうちに行動した方が、その後の経営改善にもプラスといえます。

またリスケを申請する時は、無理のない返済額にしてもらえるよう交渉して下さい。例えば、毎月200万円返済していたとして、今後100万円程度なら何とか返済できる見通しだとしても、毎月の返済額は100万円以下で銀行には相談するべきです。手元資金があまり無いようでしたら、資金を増やすためにもしばらくは元金返済をストップしてもらうことを相談してもいいでしょう。

2、経営改善計画書の作成

リスケの依頼に対して銀行側としては、リスケに応じて支援することによって今後の返済が正常通りに再開できる見通しなのかがポイントとなります。

それを審査するためにも今後どのように経営改善し、業績見通しはどうなるのかを示さなければなりません。それらの内容をまとめた経営改善計画書の作成が必要となります。

経営改善計画書はリスケに応じてもらうことにより、一時的に資金繰りが楽になり、その間に業績を改善させていき、返済が正常通りに再開できるという内容が必要です。ただし、銀行の支援を得たいからとできもしない計画を策定するのは、信頼を失うだけなのでやめましょう。

詳しくは「経営改善計画書」のページを参照して下さい。

最近は銀行側が経営改善計画書を作成してくれる場合があります。あるいは作成を求められるが、内容の薄い計画書でリスケが承認されることも多々あります。しかし、そのような支援を受けている中小企業は、「自社の何が問題か」「どのような改善策が必要か」を自主的に考えず計画書を作っているため、経営改善があまり上手くいっていないケースが多いように感じられます。

返済を少しだけ減額してもらえば資金繰りが安定する程度なら、簡単な計画書でもいいでしょうが、そうでないのなら自社の今後をしっかりと考えて経営改善計画書を作成し、計画を実行していくようにしましょう。

計画書の内容から融資先に回復の見込みがあると銀行が判断すれば、リスケに応じてくれる可能性が高くなります。

なお、経営改善計画書の作成は、中小企業の場合、費用面で負担になる事があります。また、自社だけで作成する事は難しい面もあるでしょう。

その場合は、当社のような専門家(認定経営革新等支援機関)に依頼した場合の費用を国が補助してくれる制度がありますから、中小企業が悪化した経営を改善し、取引銀行からも支援を受けたい場合は、ぜひ利用してみましょう。

詳しくは、「認定支援機関による経営改善計画策定支援事業」をご覧ください。また、リスケ等の金融支援を受けるほどではないが、経営改善計画書を作成して経営をしていきたいとお考えでしたら、「早期経営改善計画策定支援事業」のページをご覧ください。

3、粘り強い交渉が大切です

リスケの相談に行ったら、丁寧に対応してもらえることが多いと思います。しかし、銀行も営利企業ですから、お願いされても簡単に了承してくれないケースもあるかもしれません。

経営改善計画書の内容が実現可能性に乏しいと、簡単に応じてくれないことがあるでしょう。その場合、銀行員からはいろいろ厳しいことも言われるかもしれませんが、融資を受けて返済できない自社に問題があるという気持ちで、「弊社も業績回復のためにあらゆる努力をしますので、どうかご協力をお願いします」という姿勢で交渉するようにして下さい。

「返済できないのだからしょうがないだろ」と当たり前のように開き直る人もいるようですが、そのような態度はリスケ交渉にはマイナスになるだけです。

ただ、お願いする立場だからといって、何でも銀行のいいなりになる必要はもちろんありません。

自社の作成した計画書が実現可能性の高い内容で返済が再開できることを、一度や二度断られてもあきらめずに粘り強く交渉する姿勢が必要になります。

当社は認定経営革新等支援機関として、中小企業が取引銀行との交渉がスムーズに進むようサポートを行っています。

お問合せ・ご依頼はこちら

気軽にお問合せください

お問合せ・ご依頼はお電話またはメールにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せ・ご依頼はこちら

047-379-9508

9:00〜12:00/13:00〜18:00 (土日祝日除く)

経営者の右腕として経営サポート経理部長代行経営改善支援起業支援の対象地域は以下の通りです。なお、経営セカンドオピニオンのみ全国対応です。

  対応地域の詳細はこちら

◆東京都(新宿区、渋谷区、江戸川区、千代田区、中央区、世田谷区、江東区、
文京区、大田区、目黒区、品川区、港区、中野区、杉並区、練馬区、墨田区、葛飾区、台東区、北区、豊島区、板橋区、荒川区、足立区、武蔵野市、調布市、その他)

◆千葉県(千葉市、市川市、船橋市、柏市、松戸市、浦安市、習志野市、八千代市、
市原市、成田市、木更津市、君津市、茂原市、流山市、佐倉市、我孫子市、鎌ヶ谷市、野田市、袖ヶ浦市、四街道市、白井市、印西市、八街市、大網白里市、その他)

◆神奈川県(横浜市、川崎市、鎌倉市、藤沢市、逗子市、横須賀市、その他)

◆埼玉県(さいたま、越谷、川口、川越、所沢、春日部、草加、熊谷、和光、その他)

◆茨城県、栃木県、群馬県 ※上記地域以外の企業様は、こちらを参照してください。

ブログ更新

2018/11/13

ブログを更新しました。
今月は休日に資金繰り相談会を行います

お問合せ・ご依頼

無料・有料相談を行っています。詳細はこちら

047-379-9508

営業時間:(土日祝日除く)
9:00~12:00/13:00~18:00

お問合せフォームはこちら

会社概要

有限会社エムエヌコンサル

047-379-9508

代表:瀬野正博

代表者プロフィール

住所

〒272-0026 千葉県市川市
東大和田2-8-1-601

相談対応可能地域

東京都,千葉県,神奈川県,埼玉県,茨城県,群馬県,栃木県,山形県,福島県等,関東,東北,甲信越が中心です

会社概要

お問合せフォーム

※このホームページでは、中小企業が融資を受ける金融機関を原則「銀行」と表現しておりますが、信用金庫や信用組合に読み替えて頂いてかまいません。