資金繰りや経営の改善、経理に強い銀行融資コンサルタント会社。銀行融資取引、資金調達、経理業務、資金繰り・経営改善でお困りの中小企業を応援します。

住所   :〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601

047-379-9508

営業時間

平日 9:00〜12:00/13:00〜18:00

無料・有料相談を実施中!

金融機関別取引推移表

タイトルには金融機関別取引推移表と書きましたが、これは銀行によって異なります。借入残高推移表あるいは金融機関別借入内訳書等様々です。

融資申し込み時や定期的に試算表等を提出する際に、取引銀行ごとの借入残高や融資取引状況を聞いてくることがあります。

通常、銀行は融資先には定期的に他行の状況を確認することになっています。もし、取引銀行がそのようなことを聞いてこなかったとしても、銀行は他行との融資取引状況を非常に気にするのです。

この推移表によって、銀行は他行がこの融資先企業に対してどのような姿勢で取引しようとしているのか、シェアバランスに大きな変化が無いかを把握したいのです。

なぜなら、他行が融資に積極的なら自行も積極的に、他行が消極的なら自行も消極的に、つまり、他行の動きに合わせ、自分たちだけ遅れることを避けたいのです。

金融機関別取引推移表の作成

先ほども申し上げたように、銀行によって名称は異なりますし、また、記入する内容も統一しているわけではありませんが、一般的には下図の通りです。

銀行別取引推移表JPEG.jpg

この表に記載されている以外にも、プロパーか保証協会付きか、金利や担保についても記入する表である場合もあります。

決算書の後ろにある勘定科目内訳明細書の中の「借入金及び支払利子の内訳書」や、借入をした直後に送られてくる返済予定表等から数字を拾うだけですから、作成はそれほど難しくはないと思います。

金融機関別取引推移表を提出するよう指示される場合もあるかも知れませんが、通常は融資取引をする際に必ず必要とされるわけではありません。
しかし、この表一枚で企業の借入金状況が把握できるため、銀行からは非常に喜ばれますし、積極的な情報提供を評価してくれることでしょう。

また、借入残高に著しい増減がある場合、その要因を提出時に説明しておくといいです。

お問合せ・ご依頼はこちら

気軽にお問合せください

お問合せ・ご依頼はお電話またはメールにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せ・ご依頼はこちら

047-379-9508

9:00〜12:00/13:00〜18:00 (土日祝日除く)

銀行融資・資金繰りや経営改善のコンサルティング、そして経理業務に関する主な対象地域は以下のエリアとなります。

  対応地域の詳細はこちら

◆東京都(新宿区、渋谷区、江戸川区、千代田区、中央区、世田谷区、江東区、
文京区、大田区、目黒区、品川区、港区、中野区、杉並区、練馬区、墨田区、葛飾区、台東区、北区、豊島区、板橋区、荒川区、足立区、武蔵野市、調布市、その他)

◆千葉県(千葉市、市川市、船橋市、柏市、松戸市、浦安市、習志野市、八千代市、
市原市、成田市、木更津市、君津市、茂原市、流山市、佐倉市、我孫子市、鎌ヶ谷市、野田市、その他)

◆神奈川県(横浜、川崎、鎌倉、藤沢、逗子、横須賀、小田原、相模原市、その他)

◆埼玉県(さいたま、越谷、川口、川越、所沢、春日部、草加、熊谷、その他)

◆茨城県(水戸、日立、つくば、土浦、古河、ひたちなか、その他)

※なお、ここに書かれていない地域の企業様は、こちらを参照してください。

ブログ更新

お問合せ・ご依頼

無料・有料相談を行っています。詳細はこちら

047-379-9508

営業時間:(土日祝日除く)
9:00~12:00/13:00~18:00

お問合せフォームはこちら

会社概要

有限会社エムエヌコンサル

047-379-9508

代表:瀬野正博

代表者プロフィール

住所

〒272-0026 千葉県市川市
東大和田2-8-1-601

相談対応可能地域

東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、栃木県、山形県、
福島県 等、関東、東北、甲信越が中心です

会社概要

お問合せフォーム

※このホームページでは、中小企業が融資を受ける金融機関を原則「銀行」と表現しておりますが、信用金庫や信用組合に読み替えて頂いてかまいません。