資金繰りや経営の改善、経理に強い銀行融資コンサルタント会社。銀行融資取引、資金調達、経理業務、資金繰り・経営改善でお困りの中小企業を応援します。

〒103-0016 
東京都中央区日本橋小網町8-2 BIZMARKS日本橋茅場町510号室

03-6403-4984

営業時間

平日 9:00〜12:00/13:00〜18:00

無料相談を実施中です!
詳しくはこちら

粉飾決算に手を出してしまった このままでいいのだろうか?

銀行から資金調達する必要があったとはいえ、資金繰りに困り粉飾決算に手を出してしまうケースが後を絶ちません。しかし、一度手を出すと麻薬と一緒で断ち切ることが困難ですし、資金調達だけでなく経営にも大きな悪影響を与えてしまいます。

粉飾決算について、こんな悩みをお持ちではありませんか
  • 最初は少しだけと思ってやってしまったが、資金繰り改善が進まず粉飾決算を続けてしまった。その結果、粉飾額が非常に大きくなってしまった。
  • 粉飾決算を続けてきたが、銀行にバレてしまった(バレてしまったようだ)。
  • 粉飾決算の事はいつか銀行に話さなければと思っている。しかし、どんな対応を取られるか不安で打ち明けることができない。
  • 粉飾決算をやってきたせいで、決算書の本当の数字が分からなくなってしまっている。
  • 赤字だと銀行融資に影響が出るからと、税理士・コンサルタントあるいは銀行員が粉飾をすすめてくる、本当にいいのだろうか。

粉飾決算は問題の先送りに過ぎない

程度の差はありますが、中小企業の多くが粉飾行為をしているのは事実です。

粉飾決算は、自社の経営悪化を隠し、銀行からの評価が下がらないようにするために行われます。本来は赤字なのを黒字に見せて融資を受けるのですから、結局その資金は赤字補填に充てられるだけです。赤字補填資金は今後の営業キャッシュフローが返済原資になります。しかし、実体は赤字なのですから粉飾する企業は困難です。


その結果、粉飾額と借入金残高は膨れ上がっていき、いつかは粉飾決算が発覚し融資を受けられない時が来るのです。

粉飾決算により資金調達ができたことで、資金繰りに余裕のあるうちに経営改善を行っていくならまだいいのですが、一時的でも資金繰りに余裕が出て油断するためでしょうか、その間に正常な状態に戻そうと経営改善を行動に移す経営者はなかなかいません。行動していたとしても、これまでの誤った経営を改め立て直すにしても期間を要しますから、途中で断念してしまうことも多いのです。

粉飾決算を行って経営は継続できても、それは経営改善から逃げているだけです。現実から目をそらし単なる延命に過ぎません。先送りすればするほど問題が大きくなります。

行き過ぎた粉飾決算は、銀行に見つかってしまい融資が受けられなくなってしまうだけではありません。銀行を騙しす犯罪ですから最悪の場合は逮捕されることもあります。そんな報道をご覧になったことがあるでしょう。

粉飾決算を続けた場合

長期にわたって粉飾を続けてきた企業ほど次のような流れになる可能性が高いです。

粉飾決算を行う

赤字を黒字に装うことで資金調達に成功

粉飾が見つかる

粉飾を続けることでいずれ銀行に見つかる、または隠し切れなくなる

リスケジュールによる支援

銀行はリスケジュール程度の支援にとどまる

資金繰りは改善されず倒産

返済や利息、条件変更手数料が経営改善の重荷となり、いずれは倒産することに

とにかく粉飾決算の深みにはまらないことです。粉飾の程度が軽いほど再生できる可能性は高いです。それに長期かつ大規模で悪質な粉飾では支援すら受けられないこともあるのです。「粉飾しようか」あるいは「すでにしてしまった」企業は、早めにそのような経営を見直すべきです。

粉飾決算を考えている・してしまった場合

粉飾決算を考えている、またはすでにしてしまった場合、まずは自社の経営実態を把握するところから始めましょう。

自社の本当の数字を把握しましょう
粉飾をし続けて一番に問題となるのは、決算書を見ても本当の数字が分からなくなることです。まず行わなければならないのは、今まで自社がどれだけの粉飾を各期で行ってきたのかを知る事です。粉飾決算に依存した経営から脱却するには不可欠です。

過去に行った粉飾内容を排除し本当の決算書を見ましょう。粉飾を続けているうちにどれだけやってしまったのか、本当の売上高や利益(利益率)すら分からなくなってしまう経営者は非常に多いと思います。経営改善するためには、まず実態を把握することから始めなければなりません。

銀行に実態を伝える
粉飾をするのは赤字や資金繰りの問題からやるわけですが、現状を直視し、銀行にも正直に説明することから自社の再生は始まることになります。実態を公開、これまでの行為を謝罪し、経営改善に力を入れることを伝えます。

今後も融資が出る可能性は極めて低いですが、少なくともリスケジュールによる金融支援を受けらえる可能性は高いでしょう。また、最近は粉飾の程度が軽く、かつ経営改善が進んでくると新たな融資提案を受けることもあります。


銀行から逃げない
粉飾を行っている企業の経営者は、銀行に知られてしまったら一切の支援が打ち切られ、倒産の道しかないと考えてしまうかもしれません。それに騙された銀行からは厳しいことを言われるかもしれないと不安になるでしょう。

粉飾決算は銀行を騙す行為です。しかし、銀行に分かってもそれで直ちに倒産という事にはまずなりません。当社のお客様でも正直に伝えて支援を得られている企業はいくつもあります。むしろ隠し続けて後で見つかる方が印象は悪いです。

とはいえ、銀行に説明するのは勇気が必要でしょう。当社は経営者と共に銀行への説明をお手伝いし、支援を得られるよう協力しています。

当社が経営改善のお手伝いをします

粉飾決算にまで手を出してしまうということは、経営はかなり苦しい状況にあるはずです。

「長年付き合ってきた取引銀行からの支援が得られなくなったらどうしよう」「どう経営改善していけばいいのかよく分からない」「どう銀行に説明したらいいのか分からない」という経営者さんもいらっしゃるかもしれません。

しかし、悩んだままで現状を放置し続ければ、事態をさらに悪化させることになります。

1人では悩まず、まずは専門家に相談することから始めましょう。当社では粉飾決算に頼らない経営を支援していますし、無料相談も受け付けております。具体的な支援サービスについては「中小企業の経営改善及び経営改善計画書等の作成支援」あるいは「銀行取引サポート」を参照してください。

当社は今まで「粉飾をしてしまった」あるいは「粉飾をしようか迷っている」、そんな中小企業からの相談は非常に多いですし、経営改善や資金繰り安定のサポートをしてきました。

また、経営革新等支援機関(認定支援機関)にも認定され、中小企業の経営サポートに力を入れております。

自社の経営改善をしていきたいとお考えの経営者さん、まずは当社にご相談ください。

お問合せ・ご依頼はこちら

気軽にお問合せください

お問合せ・ご依頼は電話あるいは「お問い合わせフォーム」からお願いします。

03-6403-4984

9:00〜12:00/13:00〜18:00 (土日祝日除く)

経営者の右腕として経営サポート経理部長代行経営改善支援銀行取引サポートの対象地域は次の通りです。

◆東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、茨城県、群馬県、栃木県、静岡県、福島県等

  対応地域の詳細はこちら

※地域以外の企業様は、こちらを参照してください。

お知らせ

2023/1/26

ブログを更新しました「試算表は毎月の利益を正確に表示させよう

サイドメニュー

お問合せ・ご依頼

無料相談を行っています。詳細はこちら

営業時間:(土日祝日除く)
9:00~12:00/13:00~18:00

お問合せフォームはこちら

会社概要

有限会社エムエヌコンサル

代表:瀬野正博

代表者プロフィール

住所

〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町8-2-510

対応可能地域

東京都,千葉県,神奈川県,埼玉県,茨城県,群馬県,栃木県等

会社概要

お問合せフォーム

※このホームページでは、中小企業が融資を受ける金融機関を原則「銀行」と表現しておりますが、信用金庫や信用組合に読み替えて頂いてかまいません。