資金繰りや経営の改善、経理に強い銀行融資コンサルタント会社。銀行融資取引、資金調達、経理業務、資金繰り・経営改善でお困りの中小企業を応援します。

住所:〒101-0046 東京都千代田区神田多町2丁目11番地カツミビル601

047-379-9508

営業時間

平日 9:00〜12:00/13:00〜18:00

無料・有料相談を実施中!

決算期の決め方

法人の決算期は自由に決めることができますが、一般的に3月というイメージが強いためどうしても3月にする法人が多いと思います。事実、国税庁のホームページにあった資料でも3月が21%で、6月、9月、12月が約10%となっていました。逆に少ないのは、1月、10月、11月となっています。 

これから起業するとき会社名はとても悩むでしょうが、決算期についてはあまり悩む人は少ないようです。「3月が多いからうちも3月でいいや」とか「6月に設立するから1年後の5月にしよう」で本当にいいのでしょうか。

ちなみにすでに法人を設立した後でも決算期は簡単に変更することができます。 

(1)売上の変動が大きい時期は避ける

月によって売り上げが大きく変動する場合には、なるべくそのような時期を決算期にするのは避けましょう。業種によって忙しい時期というのは大体決まっていると思われますからその時期を避けるようにします。 

通常は決算が近づいてくると利益を予想し、納税額や資金の予測をすることになります。しかし、変動する時期だと予想と結果に大きなずれが生じやすいのです。決算対策や納税資金のことを考えると、売上のピークが会計期間の真ん中あたりにくるのがいいでしょう。 

(2)資金繰りから考える

資金繰り上から考えることも大切です。可能であれば資金需要が重なる時期は避けるようにします。会社それぞれ資金需要時期は違ってきますので、分散させることを考慮して決算期を決めます。仕入の支払い資金需要が多いときや賞与を支給する時期というところはできれば避けて決算期を決めましょう。  

また3月決算の会社が非常に多いことから税理士事務所の多くは5月がとても忙しいはずです。税理士のためにそういう時期を避けてあげて、自社の決算に使ってもらえる時期を増やすのもいいと思います。

2008年07月19日

お問合せ・ご依頼はこちら

気軽にお問合せください

お問合せ・ご依頼はお電話またはメールにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せ・ご依頼はこちら

047-379-9508

9:00〜12:00/13:00〜18:00 (土日祝日除く)

経営者の右腕として経営サポート経理部長代行経営改善支援起業支援の対象地域は以下の通りです。

◆東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、茨城県、群馬県、栃木県、静岡県、福島県
※上記地域以外の企業様は、こちらを参照してください。

  対応地域の詳細はこちら

ブログ更新

2021/6/7

ブログを更新しました
りそな 粉飾決算検知システム

サイドメニュー

お問合せ・ご依頼

無料・有料相談を行っています。詳細はこちら

047-379-9508

営業時間:(土日祝日除く)
9:00~12:00/13:00~18:00

お問合せフォームはこちら

会社概要

有限会社エムエヌコンサル

047-379-9508

代表:瀬野正博

代表者プロフィール

住所

〒101-0064 東京都千代田区神田多町2-11カツミビル601

相談対応可能地域

東京都,千葉県,神奈川県,埼玉県,茨城県,群馬県,栃木県等

会社概要

お問合せフォーム

※このホームページでは、中小企業が融資を受ける金融機関を原則「銀行」と表現しておりますが、信用金庫や信用組合に読み替えて頂いてかまいません。