資金繰りや経営の改善、経理に強い銀行融資コンサルタント会社。銀行融資取引、資金調達、経理業務、資金繰り・経営改善でお困りの中小企業を応援します。

住所:〒101-0046 東京都千代田区神田多町2丁目11番地カツミビル601

047-379-9508

営業時間

平日 9:00〜12:00/13:00〜18:00

無料・有料相談を実施中!

自己資本

貸借対照表の右下の自己資本は銀行員が必ず最初に見る部分です。

この自己資本は過去の利益の蓄積がどれだけあるかも示しており、当然多ければそれだけ経営が安定していることを意味します。

貸借対照表左側の資産の部の合計額を総資産といい、期末時点での財産の状況を表示しています。
そしてその財産の元手となる資金を資本といい、総資産と総資本は合計額が一致することになります。総資本の中でも他から借りた資金は他人資本(負債)であり、それ以外の返済が不要である資本を自己資本といいます。

逆にこの自己資本部分がマイナスになっているときが債務超過です。つまり会社の資産よりも負債(借金)のほうが多い状態です。設立してから黒字の時も赤字の時もあったでしょうが累計すると赤字ということであり資金調達が厳しいのも仕方がありません。しかし、資金調達が100%無理かといえば必ずそうとも限りません。

以下のようなケースでは資金調達の可能性も出てくるかと思われます。

  1. 過去の赤字で債務超過にはなっているが、ここ数年は利益計上が続いており、債務超過の解消が見込める場合。
  2. 依然として赤字は続いているが、黒字へ転換するための実現性高い経営改善策が取られており早期に黒字転換ができそうなケース。

しかし、決算書上は自己資本がプラス(債務超過でなく資産超過)であったとしても、実質債務超過になっている会社も多くありますから注意が必要です。

例えば回収できない売掛金や貸付金があれば資産価値がないものとしてその額を自己資本から差し引きます。あるいは決算書上には土地が1億円と表示されていても実際に今現在の価値が5,000万円だとすれば差額の5,000万円を自己資本から減額をします。

このようにして貸借対照表左側に資産として計上されていても、資産の実態を反映させて実質の自己資本を算出しますから、自社は債務超過ではないから大丈夫と思っていたところ銀行から資金調達できないということもあります。

お問合せ・ご依頼はこちら

気軽にお問合せください

お問合せ・ご依頼はお電話またはメールにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せ・ご依頼はこちら

047-379-9508

9:00〜12:00/13:00〜18:00 (土日祝日除く)

経営者の右腕として経営サポート経理部長代行経営改善支援起業支援の対象地域は以下の通りです。

◆東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、茨城県、群馬県、栃木県、静岡県、福島県等

  対応地域の詳細はこちら

※地域以外の企業様は、こちらを参照してください。

ブログ更新のお知らせ

2021/9/24

架空循環取引

サイドメニュー

お問合せ・ご依頼

無料・有料相談を行っています。詳細はこちら

047-379-9508

営業時間:(土日祝日除く)
9:00~12:00/13:00~18:00

お問合せフォームはこちら

会社概要

有限会社エムエヌコンサル

047-379-9508

代表:瀬野正博

代表者プロフィール

住所

〒101-0064 東京都千代田区神田多町2-11カツミビル601

相談対応可能地域

東京都,千葉県,神奈川県,埼玉県,茨城県,群馬県,栃木県等

会社概要

お問合せフォーム

※このホームページでは、中小企業が融資を受ける金融機関を原則「銀行」と表現しておりますが、信用金庫や信用組合に読み替えて頂いてかまいません。